記事

IoTの格納先を考える(4)テーブルの検討

テーブルの検討

 今回は前回検討して構成を決めた出演者テーブルスタッフ・テーブルアーティスト・テーブルを具体的に作成します。テーブルの作成は、Microsoft SQL Server Management Studioで行います。

SQL Server Management Studioのバージョンアップ
 2017年3月にSQL Server Management Studioを起動したら、リリース16.5.3のバージョンアップの案内がありました。案内をクリックしダウンロード・サイトからバージョンアップのモジュールSSMS-Setup-JPN.exeをダウンロードしました。このモジュールを起動しバージョンアップを行うといろいろと進行状態が示され、次に示す画面を表示しバージョンアップが完了しました。



 SQL Server Management Studioを起動しヘルプ(H)のバージョン情報を選択すると、次に示すように各モジュールのバージョン情報が表示されます。
 ここで示すバージョン情報13.0.16106.4は、リリース番号と別のビルド番号でした。探し方が悪いせいかバージョン情報には16.5.3のリリース番号は見当たりませんでした。

SQL Server Management Studioでテーブルを作成する
 SQL Server Management Studioを起動し、サーバに接続し前回作成したデータベースにテーブルを追加します。

サーバへの接続
 SQL Server Management Studioを起動すると、次に示すようにサーバーへの接続のウィンドウが表示されます。
 サーバー名が表示されていない場合は、接続するサーバー名を入力します。

 サーバー名の入力欄の右側の矢印をクリックすると、利用できるサーバー名と参照のリストが表示されます。参照をクリックすると、次に示すサーバーの参照のウィンドウが表示されます。

 データベース・エンジンをクリックして展開すると、次に示すようにサーバー名が表示されます。このPCにインストールしたSQLServer 2016 ExpressがPC名YASUM2にサーバー名を付加しYASUM2¥SQLEXPRESSとローカルサーバーのタグに表示されています。


 YASUM2¥SQLEXPRESSを選択しOKボタンをクリックすると、次に示すサーバへ接続ウィンドウとなります。



 この設定でサーバの接続を行います。

データベースの選択を行う
 SQL Server Management Studioがサーバに接続されると、次の初期画面となります。オブジェクト エクスプローラにデータベースを展開し、前回作成した「音楽映画TV所蔵データ」のデータベースを選択します。




 「音楽映画TV所蔵データ」のデータベースのフォルダを選択し展開すると、次に示すようにデータベースを構成するフォルダが表示されます。

テーブルを追加する
 テーブルのフォルダをマウスの右ボタンでクリックすると、次に示すようにメニューのリストが表示されます。このリストの「テーブル...」を選択します。




テーブルの仕様を設定する
 「テーブル…」を選択すると次に示すように、テーブルデザイナーが開き、列の設定とプロパティの設定・編集ができるペインが表示されます。併せてメニューバーもテーブルデザイナーのものに変わります。

アーティストテーブルを設定する
 最初にキャスト、演奏者、指揮者などのキャスト、演出家などのスタッフのテーブルを作成します。

  アーティストコード : 6ケタの文字コードとする
  アーティスト名   : 全角64文字または128文字までの可変長フィールド
  カテゴリ      : 歌手、役者、オーケストラなどを想定
  男性/女性      : 当面 性別


 以上の設定を用いてテーブルデザイナーでテーブルの仕様を決めていきます。


 アーティストコードとして6バイトのUNIコードのエリアを設定しました。この項目はNULLコードを設定することはできません。
 アーティスト名はUNIコードで128バイトのエリアを設定します。
 カテゴリは、声域(歌手)、バイオリン、指揮などをUNIコードで64バイトのエリアを設定します。性別の項目はUNIコードで10バイトを設定しました。

設定したテーブルを保存する
 テーブルの設定を終えると、結果を保存します。テーブルの保存はテーブルデザイナーを選択すると、ツールバーの保存のアイコンがテーブルの保存になります。また、次に示すように、テーブルデザイナーのタイトル部分をマウスの右ボタンでクリックすると表示される、リストの中の「Table_1を保存(S)」を選択して保存します。


 新規に作成したテーブルには、Table_1との名がつけられています。保存を選択すると、次に示すようにテーブルの名称を入力するダイアログボックスが表示されます。

 ここで、「アーティストテーブル」と入力してテーブルの作成を完了します。テーブルを保存した後は、オブジェクトエクスプローラのツールバーの「最新の情報に更新(F5)」のアイコンをクリックすると、テーブルのフォルダにアーティストテーブルが追加されます。
 追加された「アーティストテーブル」をマウスの右ボタンでクリックすると、次に示すメニューリストが表示されます。

 このメニューリストの「上位200行の編集(E)」を選択すると、200行までは次に示すように、リストにテーブルの各項目を入力しテーブルを作成することができます。

 次回には残りのテーブルを追加し順次テーブルにデータを追加していきます。

(2017/3/20 V1.0)

<神崎康宏>

IoTの格納先を考える

(1) SQL Server Express

(2) ユーティリティのインストール

(3) 音楽データを題材に

(4) テーブルの検討

(5) SQL Server Management Studioでテーブルの作成

(6) Visual StudioでSQLSeverと連携

(7) Visual Studio 2017を利用

(8) メインテナンス・プログラムの作成