電子工作(MAKE)   回路シミュレータLTspice   パーツ&工具,測定器   電子工作の環境向上
新着記事
パーツ&工具,測定器
MOS FETとマイコン (1)  複数のLEDを点灯
Wed, 18 Oct 2017 05:40:00 +0900
MOS FETとマイコン (1)  複数のLEDを点灯

■マイコンから電力デバイスのドライブに使えるFET Arduino UNOのI/O電

電子工作の環境向上
I2C接続AQMシリーズのキャラクタ表示LCDをMicro:bitで使う (6) 湿度センサ
Tue, 17 Oct 2017 05:16:00 +0900
I2C接続AQMシリーズのキャラクタ表示LCDをMicro:bitで使う (6) 湿度センサ

■しめりけを感じよう 筆者の学生時代、湿度は髪の毛の伸び縮みを利用した湿度計で測って

電子工作(MAKE)
I2CインターフェースLCDモジュール用のライブラリを作る(4)ライブラリ化(3)
Sun, 15 Oct 2017 08:48:53 +0900
I2CインターフェースLCDモジュール用のライブラリを作る(4)ライブラリ化(3)

■複数のLCDに対応できるように ライブラリ内で各モジュールを区別するために、次の変

電子工作の環境向上
I2C接続AQMシリーズのキャラクタ表示LCDをMicro:bitで使う (5) 温度センサ
Sun, 15 Oct 2017 07:11:00 +0900
I2C接続AQMシリーズのキャラクタ表示LCDをMicro:bitで使う (5) 温度センサ

■熱を感じよう プログラムの開発にArduino IDEを使ったMicro:bitで

電子工作の環境向上
I2C接続AQMシリーズのキャラクタ表示LCDをMicro:bitで使う (4) 圧力センサ
Fri, 13 Oct 2017 05:30:00 +0900
I2C接続AQMシリーズのキャラクタ表示LCDをMicro:bitで使う (4) 圧力センサ

■力を感じよう 台所で使う「はかり」は千円ほどで購入できます。しかし、使われている圧

電子工作の環境向上
I2C接続AQMシリーズのキャラクタ表示LCDをMicro:bitで使う (3) CdS光センサ
Wed, 11 Oct 2017 08:26:00 +0900
I2C接続AQMシリーズのキャラクタ表示LCDをMicro:bitで使う (3) CdS光センサ

■光を感じよう CdS(シー・ディー・エス)は、秋月電子通商でもこんなにいろいろな種

パーツ&工具,測定器
電源のノイズを観測する (2) リプル・フィルタを入れると
Tue, 10 Oct 2017 04:15:00 +0900
電源のノイズを観測する (2) リプル・フィルタを入れると

■アナログ電源もノイズまみれ 電源には、アナログとディジタルがあります。ディジタルは

電子工作(MAKE)
I2CインターフェースLCDモジュール用のライブラリを作る(3)ライブラリ化(2)
Sun, 08 Oct 2017 21:35:13 +0900
I2CインターフェースLCDモジュール用のライブラリを作る(3)ライブラリ化(2)

■I2CインターフェースLCDモジュール用のプログラムをライブラリ化(2) 対象とな

電子工作の環境向上
I2C接続AQMシリーズのキャラクタ表示LCDをMicro:bitで使う (2) AQM1602
Sat, 07 Oct 2017 04:31:00 +0900
I2C接続AQMシリーズのキャラクタ表示LCDをMicro:bitで使う (2) AQM1602

■広い表示エリアに情報をたくさん表示する 前回のAQM0802とほぼ同じく使えるAQ

電子工作の環境向上
I2C接続AQMシリーズのキャラクタ表示LCDをMicro:bitで使う (1) AQM0802
Thu, 05 Oct 2017 06:39:00 +0900
I2C接続AQMシリーズのキャラクタ表示LCDをMicro:bitで使う (1) AQM0802

■Micro:bitの開発をArduino IDEで行う Arduino IDEでは

電子工作の環境向上
5ドル!ラズパイ・ゼロ(Raspberry pi Zero)でIoT (22) アナログ温度センサ4 サーミスタ
Mon, 02 Oct 2017 04:58:00 +0900
5ドル!ラズパイ・ゼロ(Raspberry pi Zero)でIoT (22) アナログ温度センサ4 サーミスタ

■適材適所!コストダウンに寄与する温度センサ サーミスタは、温度が上がると抵抗値が減

パーツ&工具,測定器
電源のノイズを観測する (1) エネループはグッドな電源
Sun, 01 Oct 2017 05:48:00 +0900
電源のノイズを観測する (1) エネループはグッドな電源

■家の中はノイズだらけ オシロスコープやスペクトラム・アナライザの入門書を見ると、き

電子工作の環境向上
ヘッドホン・アンプ・キットで快適に (3) 特性を測る
Fri, 29 Sep 2017 03:48:00 +0900
ヘッドホン・アンプ・キットで快適に (3) 特性を測る

■2種類のOPアンプで特性が異なるか確認 ヘッドホン・キットはNJM4580DDとい

電子工作の環境向上
ヘッドホン・アンプ・キットで快適に (2) JPLAYの準備
Thu, 28 Sep 2017 04:55:00 +0900
ヘッドホン・アンプ・キットで快適に (2) JPLAYの準備

■Windows環境でもいい音で聞きたい 少し前まで、WindowsではWASAPI

電子工作の環境向上
5ドル!ラズパイ・ゼロ(Raspberry pi Zero)でIoT (21) ディジタル温度センサ6 独自形式 LMT01
Wed, 27 Sep 2017 07:31:00 +0900
5ドル!ラズパイ・ゼロ(Raspberry pi Zero)でIoT (21) ディジタル温度センサ6 独自形式 LMT01

■2本だけで信号を伝える温度センサ 1-Wireセンサは信号線が1本ですが、電源が必

電子工作(MAKE)
I2CインターフェースLCDモジュール用のライブラリを作る (2) 基本形を作成
Mon, 25 Sep 2017 17:02:42 +0900
I2CインターフェースLCDモジュール用のライブラリを作る (2) 基本形を作成

ライブラリにするソース・プログラムは、本サイトの次のページで作成したプログラムをその

電子工作の環境向上
5ドル!ラズパイ・ゼロ(Raspberry pi Zero)でIoT (20) ディジタル温度センサ5 SPI ADT7310
Sat, 23 Sep 2017 05:30:00 +0900
5ドル!ラズパイ・ゼロ(Raspberry pi Zero)でIoT (20) ディジタル温度センサ5 SPI ADT7310

■分解能が0.0078℃と高い温度センサ アナログデバイセズのADT7310はSPI

電子工作の環境向上
約1万円の測定器OpenScope MZ (7) 測定例 OPアンプ
Fri, 22 Sep 2017 04:47:00 +0900
約1万円の測定器OpenScope MZ (7) 測定例 OPアンプ

■OPアンプによる増幅回路 電子工作では、増幅回路にOPアンプをよく使います。性能が

電子工作の環境向上
約1万円の測定器OpenScope MZ (6) 測定例 NE555
Thu, 21 Sep 2017 06:44:00 +0900
約1万円の測定器OpenScope MZ (6) 測定例 NE555

■タイマNE555で発振 OpenScope MZは、オシロスコープがメインの測定器

電子工作の環境向上
約1万円の測定器OpenScope MZ (5) DC電源
Wed, 20 Sep 2017 05:46:00 +0900
約1万円の測定器OpenScope MZ (5) DC電源

■最大±4Vの出力 OpenScope MZはオシロスコープで波形を観測するときに便

電子工作の環境向上
約1万円の測定器OpenScope MZ (4) ディジタル
Tue, 19 Sep 2017 05:32:00 +0900
約1万円の測定器OpenScope MZ (4) ディジタル

■電子工作でI2CやSPIはよく使われる 電子工作ではArduinoやラズパイなどの

電子工作の環境向上
約1万円の測定器OpenScope MZ (3) オシロスコープを使う
Mon, 18 Sep 2017 03:52:00 +0900
約1万円の測定器OpenScope MZ (3) オシロスコープを使う

■据え置き型オシロスコープよりはるかに見やすい OpenScope MZのオシロスコ

電子工作の環境向上
約1万円の測定器OpenScope MZ (2) 初期設定手順
Sun, 17 Sep 2017 04:01:00 +0900
約1万円の測定器OpenScope MZ (2) 初期設定手順

■GUIで手軽に実行できる初期設定 秋月電子通商で購入できるOpenScope MZ

電子工作(MAKE)
I2CインターフェースLCDモジュール用のライブラリを作る (1) ライブラリの構成
Sat, 16 Sep 2017 05:26:33 +0900
I2CインターフェースLCDモジュール用のライブラリを作る (1) ライブラリの構成

■ライブラリの作り方 ライブラリの作り方は、Arduinoの公式ホームページにも説明