回すだけ (2) スケッチ

 前回、SeeedからTB6605FTG Brushless Motor Kit for Arduinoを入手し、その概要を説明しました。ここでは、用意されているライブラリをダウンロードして、DCブラシレス・モータを回転させます。

必要なライブラリは二つ

 モータ用の BLDC Motor Shield (TB6605) libをGitHubから、表示用LCDの Grove-LCD RGB Backlight Library をこのリンクからダウンロードします。モータ用ライブライをGitHubから実際にダウンロードする様子を説明します。

STEP1 BLDC Motor Shield (TB6605) libをクリックしてソフトウェアが保存してあるGitHubへ行きます。

STEP2 Clone or downloadをクリックして出てくるプルダウン・メニューからDownload ZIPをクリックします。通常、PCのダウンロード・フォルダに保存されます。

STEP3 Arduino IDEのメニューのスケッチから「ライブラリのインクルード」-「.ZIP形式のライブラリをインストール」を選びます。エクスプローラが開くので、ダウンロード・フォルダから、先ほど保存したBLDC_Motor_Shield_TB6605-master.zipを選択して開くをクリックします。ライブラリがインストールされます。
 LCDのライブラリも同様にインストールします。

サンプルのスケッチ

 シールドをArduino UNOの上に挿しこみます。シールドにあるDCジャックへ12V-250mA(9~24V)のAC-DCアダプタをつなぎ、電源を配給します。

 Arduino IDEのメニューのファイルから、スケッチ例-BLDC Motor Shield (TB6605) -TB6605_demoを選択します。

 コンパイルして書き込みます。シリアルモニタを開きます。上部の欄に1~9の数字を入れて送信ボタンを押します。

 ボード上のStandby ModeスイッチをStartへ動かすと、モータが回転します。そのときのLCDの表示です。

 

前へ

回すだけ (1) ブラシレス・モータ・キット

次へ

感震センサで揺れを記録する M5Stack編 (5) 記録された値