Smart gadget SHT4x を使って電子百葉箱を作る ⑦ 電波の強さRSSI

 ペリフェラルのSmart gadget SHT4xと、ここまでプログラムを作ってきたセントラルのマイコン・ボードで、電波強度を測りました。

見通し約2.5mで電波強度を測る

RSL10 平均-84dBm

測定値:-82 -79 -83 -88 -87 -82 -86 -85 -84 -83

MKR WiFi 1010 平均-82dBm

測定値:-86 -73 -87 -86 -73 -87 -86 -75 -91 -73

Nano 33 BLE Sense 平均-79dBm

測定値:-80 -77 -84 -77 -78 -79 -78 -82 -79 -78

XAIO BLE sense nRF52840

 動作が不安定なために計測せず

ラズパイ 平均-69dBm

測定値:-72 -70 -67 -69 -69 -68 -66 -69 -69 -66

 ラズパイで受けるのが一番強度が強いことがわかりました。

百葉箱に入れる

 組み立て中。真ん中あたりに取り付けた。

 完成。相当通気性が良い感じです。室外に設置すると、強い雨だと濡れるので、1年もたないかもしれません。

と心配になったので、気休めですが、センサ以外の部分をテープでぐるぐる巻いて、ちょっと防水力を上げました。

 ここでblescan.pyを動かしました。

 3回の平均は-67dBmだったので、入れ物の影響はないようです。

室外に設置

 いつも作業している部屋の外に設置しました。

 センサとラズパイの距離は1.5mぐらいで、ガラス窓を挟んでいます。RSSIの値は-73dBでしたので、6dBmほど下がっています。

前へ

ArduinoでIoTにチャレンジ<その10> Arduino IDE 2.0になりました