使ってみた (2) スイッチとしてPチャネルMOSFET

 PチャネルMOSFETは、ソース(S)よりゲート(G)電圧のほうが低くなった場合にONします。次の回路を用いて、ゲートに電圧を加え、ON/OFFする様子を観測します。電源を10Vとし、負荷抵抗R2が1kΩであれば、ONしたときには10mAの電流が流れます。

 MOSFETは、2SJ681TJ11A10M3の2種類を測定しました。

  

MOSFET 2SJ681のおもなスペック

  • ドレイン-ソース間電圧Vdss -60V
  • オン抵抗 0.12Ω
  • ゲート電圧Vth -0.8~-2.0V
  • ドレイン電流 -5A

測定結果1

 ソースに加えている電圧は10Vです。0Vから電圧を上げていきます。ゲート電圧8.1V付近からOFFし始めます。8.6V付近でほぼ完全にOFFになりました。電流がまったく流れなくなったのは、9.03Vでした。ソースとゲートの電圧差で表現すると、-1.9VからOFFし始め、-1.4Vでほぼ完全にOFF、電流が流れなくなったのは、-0.97Vでした。

測定結果2

 入力電圧を変えて測定しました。

入力電圧[V] OFF始まり電圧[V] 差分[V] OFF電圧[V] 差分[V] 出力電圧[V]
3.30 1.59 1.71 2.08 1.22 3.30
5.00 3.17 1.83 3.76 1.24 5.00
10.00 8.1 1.9 8.5 1.4 10.00
12.00 10.08 1.92 10.67 1.33 12.00
15.00 13.04 1.96 13.74 1.26 15.00
24.0 21.93 2.07 22.72 1.28 24.0

MOSFET TJ11A10M3のおもなスペック

  • ドレイン-ソース間電圧Vdss -100V
  • オン抵抗 0.1Ω
  • ゲート電圧Vth -4.0~-2.0V
  • ドレイン電流 -11A

測定結果3

入力電圧[V] OFF始まり電圧[V] 差分[V] OFF電圧[V] 差分[V] 出力電圧[V]
3.30 0.02 3.28 0.81 2.19 3.10
5.00 1.30 3.7 2.49 2.51 5.0
10.00 6.34 3.66 7.52 2.48 10.00
12.00 8.31 3.69 9.40 2.6 12.00
15.00 11.47 3.53 12.46 2.54 15.00
24.0 20.36 3.64 21.45 2.55 24.0

(※)実験用電源はAglent E3631A、電流測定のDMMは岩通VOAC7602、電圧測定はDER EE DE-232Cを用いました。

-