STEMMAで広がるArduinoの世界⑱ まとめ

 センサ類を簡単につないでしまおうとしたのがAdafruitのSTEMMA QTです。同じころSparkFunも同じ1mmピッチ4ピンのコネクタを使ったQwiicが出てきました。ピンの設定は同じですが、ケーブルの色が異なります。

 V+は、3.3/5Vのどちらにも対応しています。センサ・デバイスがどちらの電圧範囲でも使える場合は、付加回路はありません。5Vに対応していないデバイスの場合は、レギュレータ回路と信号のレベル変換回路が追加されています。したがって、5VがメインのArduino UNOでも、そのままつないで利用できます。

 また、I2Cに特化していて、10kΩのプルアップ抵抗も実装されています。

 スレーブ・アドレスは、ブレークアウト・ボードに印刷されています。また、変更ができる場合はAddrと書かれたショート・パターンがあって、はんだを盛ることで変更できます。

機能 STEMMA QT Qwiic
GND 黒色 黒色
V+ 3~5V 赤色  赤色 
SDA 白色 青色
SCL 緑色 黄色

機能と型名

  温度 湿度 気圧 照度 近接 電子抵抗器 空気品質
TMP117            
SHTC3          
AHT20          
HTS221          
Si7021          
BMP390        
BMP280        
DPS310        
LPS25HB        
LPS35HW        
MS8607        
TSL2591            
BH1750            
APDS9960            
VCNL4040            
DS1841            
SGP40            

前へ

STEMMAで広がるArduinoの世界⑰Step1 気圧センサDPS310

次へ

Groveで広がるArduinoの世界-Step2-① Grove-LCD RGB Backlight